SONY KJ77A1
BRAVIA(ブラビア) 77V型・地上・BS・110度CS・4K放送対応 4K有機ELテレビ

下の画像クリックで上部の画像が変わります。

SONY KJ77A1
BRAVIA(ブラビア) 77V型・地上・BS・110度CS・4K放送対応 4K有機ELテレビ

数量: カートに入れる

延長保証について

WEB価格:
¥2,640,000(税込)
定価:
オープン価格

メーカーお取り寄せ

サイズ:172.1×99.3×39.9cm(幅×高さ×奥行)   

重さ:45.3kg   

発売日:2017年08月05日 発売

メーカーのホームページ

延長保証について

数量: カートに入れる

商品詳細

<特徴>

■「Z9Dシリーズ」にも搭載の4K高画質プロセッサー

膨大な画像処理を担う4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」は、従来の4K高画質プロセッサー「X1(エックスワン)」に比べ映像処理速度を40%アップ。

有機ELパネルに合った映像処理を高精度に行い、パネルの良さを最大限に引き出すことで、さらなる高コントラストを実現します。

また、SDRの映像もHDR相当まで引き上げることが可能な「HDRリマスター」、2つのデータベースを参照し、精細感とノイズ低減の両立を実現する「デュアルデータベース分析」、なめらかな映像を作りだす「Super Bit Mapping 4K HDR」の高画質技術を搭載。

さらなる高コントラスト、高精細、豊かな階調表現を実現し、息をのむような映像美をお楽しみいただけます。

■画面本体を振動させて映像全体から広がる音を実現する

映像と音の一体感を高めるために、画面本体を振動させて音をだす構造を実現。

テレビ画面から音を再生することで、目の前の被写体から音が出ているように聞こえ、リアリティーあふれる映像体験を生み出します。

この仕組みで高音質を実現するために、ソニーが培ってきたフラットスピーカーの技術、有機ガラス管を振動板に採用したサウンティーナのノウハウを結集しました。

さらに、画面そのものをスピーカーとすることにより音の広がりが大幅に向上。

さまざまな視聴ポジションで、定位感の際立つ音を楽しめます。

■映像だけが浮かんでいるかのようなたたずまい

ベゼルを極限まで薄くし、スタンドは正面から見えないようにすることで、映像だけが浮かんでいるような、かつてない没入感を実現。

画面から音が出ることで、スピーカーが目に入ることもなく、まるでその場にいりかのようなリアルな映像体験を楽しめます。

 

特性(スペック)

Wi-Fi機能

ネット動画対応有無

地上デジタルチューナー数

2 1つは視聴専用チューナー、1つは録画専用チューナーとなります

LEDバックライト

倍速機能

倍速(120Hz)

ビデオ入力端子数

1

光デジタル音声出力端子数

1

PC入力端子種類

デジタル(HDMI PC入力)

解像度

4K対応

BS・110°CSデジタルチューナー数

2 (1つは視聴専用チューナー、1つは録画専用チューナーとなります)

124/128°CSデジタルチューナー数

1

USB端子数

3

DLNA(ホームネットワーク)対応

有 ソニールームリンク ※クライアント機能

外付HDD対応

ウーハー/サブウーハー

有 背面のスタンドにサブウーファー

音声実用最大出力(総合)

50W(10+10+10+10+10)

消費電力

757W

画面サイズ

77インチ

HDMI端子数

4

LAN端子数

1

消費電力(待機時)

0.5W

年間消費電力量

404kWh/年 2017年4月現在、有機ELテレビについては省エネ法に基づく年間消費電力量が定義されていないため、液晶テレビの基準で算出した参考値です

画素数(水平×垂直)

(水平)3840×(垂直)2160

画面サイズ(幅×高さ/対角)

(幅)169.7cm×(高さ)95.5cm×(対角)194.7cm

ARC対応

Miracast対応

Bluetooth対応

Hybridcast対応

スピーカー数

5

外付けHDD録画方式

裏番組録画

H.265/HEVCコーデック(再生対応)

搭載

VP9コーデック(再生対応)

搭載

HDR信号入力対応

ページの先頭へ

© MATSUYADENKI Co., Ltd. All Rights Reserved.

KanrenSyouhinFlg=False